早速、ピットへ。

オープン時間より、少し早めにピットに入れてもらいました。ぐるーっとひと回り見て「これは北米仕様だな」「なんとかかんとかで(ここわからず)・・珍しい」「ドアの凹みに味が出てるね」などと、T4にめちゃ詳しい感じが目白押しで、かつ我がバナゴンもお褒めいただき、調子が悪くなった経緯や手元に来た状況などを説明。ご近所の騒音に配慮して、定刻を待って早速エンジンの調子を見てもらいます。。

「イグニッションコイルが水でイカれたかね」ということで、テスタ用のIGコイルを取り付けます。やや復調。。う〜んでも、やはりストール。「負圧ホースがもう劣化してダメかも」。聞き慣れない”負圧”という言葉が何を意味するのかはわからなかったけど、いずれにしても、エンジン類のいろんな制御が「風」でされてるらしい。なので「風圧ホース」かと途中まで思ってましたw。全体を点検すると、ほとんどの個所が経年劣化と腐食?でボロボロになってます。おそらくこれがセンサーを惑わせていたんでしょ。。。

ということで、今日のメインのメンテは「負圧ホースとIGコイル交換」とあいなった訳です。

初T4まいすたぁ☆さんへ。

行ってきました。T4まいすたぁ☆さん。

いろいろネットで調べましたが、これから始まるバナゴンの付き合いをサポートしていただくのはココしかない!と、ネット検索には自信のある、”プロ”ネットサーファーを自称する私としてはw、かなりの期待でやってきました。。

既に予約の際、事前にスタッフの方とはやりとりもしていたし、その時点から、非常に丁寧な対応をしていただいていたので、当日のサポートにはあまり不安はなかったのですが・・あったのは、ここまでちゃんとたどり着けるかということ、基本は”オーナーメンテのサポートをいただく”というスタイルみたいなので、メンテど素人の私がちゃんとやれるのか?という心配なのでした。

渋滞を避け(自分が渋滞の原因となることも避け)、ピットを予約した10時の1時間前には、T4まいすたぁ☆さん前に到着。道中、計10回はエンストしましたが、なんとか近所のコンビニでお昼のお弁当も購入し、ちゃんと冷蔵庫に入れ、近所迷惑にならないようにエンジンは切ってじっと約束の時間が来るのを待つのであった。。木製のVW看板がいいね。

つづく。