メンテ日記その2。マフラー交換の巻。

メンテ日記その2。

今回のメンテは、メーターパネルのバックライト修復に加え、徐々に減少する傾向があるクーラントの原因究明とその対策。確かに、バナゴンが我が家に来た時から、常にではないけどクーラントが少し減ることはあった。 しかし、最近はしばらく乗れない期間が長くなると、一気にカラ近くまでなることも。特に冬場。おそらくは、以前、応急処置したままになっている箇所のクラックの拡大、あるいはそれ以外の場所からの漏れ・・などなどと予測。でも、可能性がゼロとは言えないウォーターポンプ(以前交換はしたが)、一番怖かったATFクーラーの損傷によるATFとクーラントの混合。同様のトラブルをT4まいすたぁさんのブログで最近見たので早急なチェックが必要だった。

ということで、午後はリフトに乗せてもらい、上から、下からクーラントのホースなどを丹念にチェック、概ねの漏れ箇所は特定するも補修にはかなりの大作業になりそうとの診断結果。どうしたものか、、完全に直らないならもう長くは乗れないか・・。が、どうやら、リアヒーターにクーラントを回す分岐の先で漏れが拡大しているだけの模様。リアヒーターの使用を諦めれば対策があるかも、、とのこと。正直、ちょっとひと安心。リアヒーター使ったことないし、FFヒーターも調子は悪いが付いてるし。。

と思った矢先、、リフトアップして下回りをチェックしていると、去年の車検時には大丈夫だったマフラーがポッキリ折れかかっているではないか。いや、もう折れている。こちらの補修の方が時を急ぎそうである。走行中にマフラーが落ちたら、他の方に大変な迷惑かけちゃうし。逗子育ちの我がバナゴン、下回りのサビのチェックなどはずっと気にしてたし、マフラーもいつかはやらねばと思ってはいたが、この機会にやりますか!ということで、急遽、作業をクーラント補修からマフラー交換に変更。キャタライザーはまだ問題なさそうなので、センターとサードのマフラー交換と相成りました。

結果的には、また10年くらい乗れそうなんでw、近々クーラント、オイル交換、あとウィンドウなどのラバーシールなどやりますか。久しぶりに丸1日のメンテで自宅に帰るとバタンキューな夜でした。

<本日のメンテメモ>

ピット費用(1日) 2,500円
サポート(3時間) 12,000円
リフト(2時間) 2,000円
部品破棄、ショートパーツ、更新料など 2,500円

メーターバルブ(1個) 1,400円
センターマフラー 33,000円
サードマフラー 35,000円
マフラーバンド(2個)  3,400円

合計 91,800円

急遽の出費となりましたが、マフラー交換はもう待ったなしの状態に見えたので、T4まいすたぁさんにパーツがあってよかったです。金額も他でお願いすれば、もっともっとかかるでしょうし、今回もお世話になりました。さあ、この秋冬は、バナゴンでどこに行こうかな。

*追記
マフラーを交換すると音がずいぶん静かになったなと感じるのと、エンジンの吹けが良くなった気がします。運転中のストレスも減りそうで大満足。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください