軽井沢〜万座温泉スキー場

IMG_6370.jpeg我が家の2019シーズンのスキー、3回目は万座温泉スキー場。万座は「私スキ世代*」の私にとって、一度は行ってみたかったスキー場のひとつです。スキー歴の浅い我が家も、ついに念願が叶いましたw もちろん、バナゴンでのスキー旅です。

*私をスキーに連れてって:1987年11月21日に公開されたホイチョイ・プロダクション原作、原田知世主演の日本映画。脚本は一色伸幸

 

前回は使えなかったETC深夜割引を今回は使いたかったので、横浜町田インターに4時までに間に合うように深夜3時に出発。草津経由か?軽井沢経由か?バナゴンにはどちらが負担が少ないか迷ったけど、当日は雪道の心配も少なそうだったので、上信越道を使っての軽井沢経由に決定!まずは、軽井沢での美味しい朝食を目指すことにしました。平日で道も空いていたので、かなりのんびりペースで走りましたが、7時の開店少し前に無事に到着。奥さんと娘が希望した素敵なお店で、大好きなエッグベネディキトとクラムチャウダーをいただきました。

 

CABOT COVE
北佐久郡軽井沢町追分78-26
上信越道碓氷軽井沢ICより30分

その後、浅間山の雄大さをあらためて感じながら万座温泉スキー場へ。初日の万座は晴天、雪がシャバシャバで、技術のない私たちにとってはかなり厳しいコンディションでしたが、平日のゲレンデは集中して練習するにはとても良い環境でした。難しいコースにはまだ行けない我が家でも十分に楽しめました。2日目は気温も下がり、天気予報とは違って雪もかなり降って、想像していた「万座気分」を十分に堪能。少し小ぶりな規模も含めて、万座は好きなスキー場になりました。また来たいね、が家族の感想。実は2日目は、降雪が全くなければ、志賀高原か、湯沢の方に移動しようとかとも考えていましたが(バナちゃんにはかなり負担だけど)、結局、万座を動かなくて正解です。あと、万座温泉のお風呂は噂通り、いいお湯、いい景色で、本当に良かったです、オススメ。

帰り際、万座プリンスの玄関を見つつ、「ああ〜、映画の最後のシーンがここだったな〜」と、ルーフボックスに道具を片付けていた時、凍った駐車場で滑って腰を強打、、油断は禁物です。腰はしばらくコルセットだな。気をつけましょう。まあ、みんな大きな怪我がなくて良かった。

IMG_6437.jpeg

万座温泉スキー場&万座プリンス
群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください