備忘録として

なんでこんなことになってしまったのか。まあ、結論は修理ど素人のくせに今までやったこともない作業をネット動画の見よう見まねでやってみようとしてしまったから、それに尽きる。若干の自己弁護すると来週末に奥さんのご両親が来浜して、どうしてもバナちゃんを出動させる必要があったから、少々焦ってた。Audiちゃんはなぜか4人乗りなので。

必要パーツの取り寄せを間に合わせ、受け取りを待ってそのまま作業。動画で何度も予習したのでイケるだろうと思ってた。結果、動画にはハッキリと映ってなかった詰めの部分を「こんな感じだろう〜」とやってみたら、パーツ破損。取り返しのつかないことに。。

備忘録として(きっと何のお役にも立たないので自分用)

先週土曜日。久しぶりに動かしたバナゴンが途中でエンスト。イグニションコイルの不調かな?と思い予備に交換するがエンジンは掛からず。初の積載車でピットへ。燃料ポンプと燃料本リレーを交換して復調!(燃料ポンプは交換歴が無さそうだったのでいつかは交換したいと思ってた)。オイル交換もついでに実施。颯爽と自走にて帰宅。ここまでは良かった・・。

翌朝、確認のためエンジンを掛けてみる。あら?また掛かりが悪い。デスビキャップを外してみる。なんとローターアームがボロボロ。経年での劣化とは思えないほどの劣化。これは何かしら別な不具合あるぞ、と考え始める。デスビキャップ&ローターアームは交換経験があるので(でもまだ2年前だけど)前回同様のパーツをオーダーする。しかし、イグニッションオンのタイミングでタコメーターが3,000回転位のところにピィーンと跳ね上がる現象は何だろうな?とも考え出す。パーツ屋さんでパルスセンサーも売っていることを知ったのでデスビ本体のセンサーもついでに交換してみようと思い立つ。デスビキャップ&ローターだけを先に交換して様子をみれば良かったが、不在再配達のタイミングが重なりセンサーが一緒に届いたので、せっかくだから同時に交換してしまおうと思ってしまう。(それぞれやってみないとどこが悪かったかわからなくなるけどな〜と一瞬考えたが、同時にやろうとする)

先人のブログなどで、デスビ本体をバラす際に「ピンを抜くのがめちゃ固い」とは知っていた。だから事前にアマゾンで「ポンチ」らしきものを追加で購入しておいた。木工用にひとつ持っていたが、もう少し細いやつを。でも届いたらほぼ同じ太さ(この辺りから今回の作業に綻びが)。ピンが抜ける下まで届かないな〜と思いつつもコンコン、ピンを抜き始める。なかなか快調。でもやはりポンチが入る範囲では完全にピンは抜けず。少し細めの釘や細ヤスリを入れて抜こうとする。まず釘ではピン抜けず。ヤスリはすぐに折れた。仕方なく再度ポンチでトライ。少しピン動く。やっぱりポンチだ!で、ここで目一杯ポンチを叩く。あっさり名前がわからないパーツが割れる。あらら。

これがないとクランクとデスビのローターアームが同期しない。その構造は理解した。まあダメだろうなとは思いつつも、手元に予備パーツもないので瞬間接着剤でパーツをつなげてみる。とりあえず回るか、デスビに戻す。まあ、何となくまだパーツは繋がっている。デスビ本体、ローターアーム、デスビキャップを順番に組み戻す。エンジン始動。掛からない。何だかローターアームがキャップの内側に当たる。アームの先が曲がる。?。アームの先をペンチで戻す。センサー止めのビスをもっとキツく締める。ローターアームももっと押し込む。でも、中でカタカタ当たるような音がまだする。再度締め込む。一応音はしなくなる。エンジンを始動してみる。掛からない。テスターをかけるがエラーは検知できず。しばらくしてエンジンは掛かるようになる。(この辺りから謎)でもすぐにストール。デスビの角度を少しイジってみる。エンジンは止まらなくなる。でもなぜか勝手に2,000回転位まで吹け上がる。エンジンが止まりそうになると、さらに勝手にエンジンを吹かす。はっ?じゃあと自分で吹かしてみる。それはそれで反応しない。ボボボボッと、エンジンが止まる。アクセルを触らないと何とかエンジンは掛かったまま。でも明らかにおかしい。

プラグを交換してみることにする。以前買ったが抵抗入りでないヤツだったので買い直した際にストックしておいたモノだ。少し使ったかな。でもまだキレい。付いているプラグは何だか煤けている。でもプラグ交換後も症状は同じ。で、しばらくしたらエンジンさえ掛からなくなる。ローターアームがカタカタ少し動く。これはあの名前がわからないパーツが割れたな?とすぐに思う。デスビを再度外してみる。やっぱり割れていた。元は半分に割れてただけだが粉々だ。もう戻しようがない。ここで立ち往生。完全に不動車となる。さあ、私のバナゴンライフ、この後どうなるのかな。

今、とっても暗い気持ち。

 

備忘録として」への6件のフィードバック

  1. 先日、炎天下の中外出し、渋滞に巻き込まれながら帰宅して、メーターのMFAで外気が50℃を表示していましたので、エンジン掛からない現象が再発する事を祈りながらキーを回したところ、再現しかかりませんでした。
    既にリレー30番が手元に届いていたため、付け替えてキーを回したところエンジンが掛かりました。
    再度古いリレーに付け替えてキーを回してもエンジンが掛かりませんでした。

    これでようやく特定できました。
    交換した30番を開けてみましたが、半田クラックなどは見当たらず、とてもきれいな状態でした。コイルと抵抗のようなものしか実装されていませんでしたが、見た目では不具合箇所は分かりませんでした。

    おそらく、夏場の暑い日に出先でエンジンが掛からなくなる、という問題はこのリレー30番の交換で解決と思いますが、リレー交換前の渋滞中の坂道でアクセルを踏んでもなかなかパワーが出なかったので、一応ホールセンダーは変えてみようと思っています。
    ディストリビューターを壊さない様に慎重にやってみます。

    情報有難うございました。
    助かりました。

    • お役に立てて良かったです!この暑さの中では、バナちゃんも大変ですよねー。ホールセンダー交換、頑張ってくださいませ。成功を祈ってます。それにしても、暑い…。

  2. よく拝見させて頂いております。
    夏場に私も出先でエンジンが掛からない現象がたまに発生して困っています。
    昨年夏も今夏もT4まいすたぁに伺っても再現せず、でした。
    デスビローターとキャップを交換するのですが、しばらくそれで機嫌よくなるのですが、
    ずっと調子よくても、いきなりかからなくなります。

    今回、eBayの英国出品者がディストリビューターを出品していたので、取り寄せたのですが、
    粗悪品で返品交渉を開始しました。
    Hall Senderはたくさん出品されているので、それを取り寄せて付け替える事にしました。
    ブログを拝見したところ、黒い丸い部品が破損されたとの事ですが、どのように修復されたのでしょうか?
    またHall Senderを変えたら同様の不具合は起きていませんか?

    もしよろしければ教えてください。

    • ブログ読んでいただきありがとうございます。やや、当時の記憶がおぼろげになりつつありますが、この黒いパーツは(名前不明)、瞬間接着剤くらいの強度ではあっという間にまた割れてしまい、代替パーツが見つからず3Dプリンターで作ろうか?とも思ったのですが、たまたまT4まいすたぁさんに中古パーツがあり、それを分けていただき修復しました。(その後、たまにネットでも売っているのは見たことはあります)あと、パルスセンサーですが、新品の「新型」を購入して取り付けましたが、、どうしてもエンジンがかからず、旧型のパーツを、これもT4まいすたぁさんで部品取りパーツがあったので、それを購入してつけました。その後は全くこの部分に不具合はないです。おそらくですが、新型旧型とセンサーの位置が180度違うので、それの影響ではないかと考えています。今のが調子悪くなったら再度チャンレジしてみようかと思っています。でも、結局の所、イグニッションコイルとか、プラグとかいろいろやりましたが、たまにエンジンが始動しないのは、30番リレーが問題だったのではないか?と未だに思っていますw 稚拙ながら、ご参考になれば幸いです。この夏はバナちゃんに厳しいですよねー。

      • 詳細ご教示頂きありがとうございます。リレー30番 も含め参考にさせて頂きます。黒い部品のロールピンを抜くために、ピンポンチを買いました。
        私もeBayで黒い部品が売っているのを確認しましたが、単品ではなくHall Senderとワッシャーのセットみたいなやつしかなく、T4との適合が正しく表示されません。壊さない様にしなければ、ですね。

      • とにかく、穴より細いピンポンチを使って(当たり前か)この黒いパーツさえ割らなければ、あとはなんとかなると思います。頑張ってくださいね。バナちゃんの復活を祈ってます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください