Newスタッドレスをネット購入

自分自身の体調はまだ優れないけど、時間は待ってくれないので “冬支度” を開始。とりあえず、ほったらかしだったバナちゃんの様子をみようと先週と今週は仕事に使っている。こちらは調子がすこぶる良い。

さて、前回のスタッドレス 購入から3年。タイヤ自体はまだまだ使えそうですが、ロードインインデックス(荷重指数)に少々不安があるので早めの交換です。悩んだ末に、今回はG社のコレにしました。

外径的には65でも良かったのだけど、215/70R15を選択しました。価格重視で77,000円位(税込)。初のネット購入で、交換チケットも同時購入というヤツです。仕組みを理解するのに少々時間がかかりました。タイヤ交換チケットには基本料は含まれていますが、古タイヤの廃棄料やバルブ交換代などは別途なので、最終金額が確定したらまたメモに残します。

ただ、この交換チケットのシステム?ルール?には少々困りました。説明書きに則って手続きを進めたけど、交換作業を予約した店舗から、まさかのNG連絡(車種が作業不可)。しかも、その通知メールには、別な店舗を予約して2回目もNGとなると、交換チケットがキャンセルされるとか・・書いてある。はぁ?

輸入車可で、タイヤサイズ&メーカー、そして予約日時も事前にきちんとチェックして問題なかった、それでNGとは。交換チケットがキャンセルになった時に、おそらくタイヤもキャンセルになるのだろうけど、その説明がどこに書いてあるのかがわからない。しかも、そんなことを何回も繰り返していたら、クレジットカードが止まっちゃう。

2回目の予約、目ぼしを付けた店舗さんに電話で直接連絡する。担当者さんが外出中だったので、あらためて電話。で、現下の状況と車種や年式、購入したタイヤのこと、どのように交換して欲しいかなどを細かく説明。すると、お店の方からは「交換作業は問題ないのですが、日程がすぐには空いてない」とのこと。今はタイヤの入れ替えも多い時期なんでしょう。でも、そこは「最初の冬旅」に間に合うように、余裕をもって作業を始めていたので問題なし。3週間くらい先の日程で予約完了。

もしかして、1回目の店舗も日時がNGだったんじゃないの。システム上、1週間先の全部の時間が出てきたから「どこでも予約可」だと思って、こちらの都合で日時を選んだが、それではダメなのでは・・。そう思う理由は、バナちゃんは大きいし、重いので、交換候補にたくさん出てきたGSはスキップして、自宅からは少々遠いけど、某有名フランチャイズのタイヤ◯◯を選んだ。あそこでNGだとは少々思えない。おそらく。

たしかに、今どきはオンラインで、リテールともリアルタイムに空き時間が共有されているんだろうな〜、と考えてしまったがそうではないようだ。食べログ式の予約システムではないのだ。おそらく。

2回目の予約完了のメール返信はまだ来ないが、交換作業をしてくれるご本人と話したから、まあ大丈夫なんだろう。予約システムのチェックするのが、リアルタイムではないだけだ。おそらく。

前回のスタッドレス交換の記録はこちら(2019年)

最初のスタッドレスの記録はこちら(2013年)

あと少しの辛抱だな。

昨年の夏の終わりに腰を負傷してから、背中にボルトが数本入った状態で生活をしてきましたが、ついにそのボルトを抜く時が来ました。長かったな。背中と腰は慢性的に痛いし、体調もなんだか優れないので憂鬱な1年を過ごしましたが、それともお別れできそうです。詳しくはわかりませんが、背骨にボルトを固定する手術よりも、抜釘(ばってい)の方が何倍も容易な手術なんだとか。

ただ、昨年、手術をしてくれた先生は年明けに転院となり、6月に抜釘した方がよいと決めた先生も手術の今月にはまた交代で、会えず。直前の術前検査では、先週来たばかりでまだ操作に慣れてないよ〜?とおっしゃる若い先生がレントゲンもなかなか見せてくれないので不安になりましたが、その先生にも前日になって緊急手術が入り交代になった、と病室まで来て言われた時は、小市民の扱いとはこんなものなんだなぁと、あきらめました。

予定通りの日に手術は行われました。看護師さんの付き添いで病室を歩いて出たものの、途中でストレッチャーに乗せる、乗せない?と揉め始める看護師さん達を無言で眺めながら、結局ストレッチャーに乗って向かった第1手術室は間違えで、ガタンガタンとUターンして薄暗い廊下を下り、その先にある第2手術室へ。そこで、すでにコンタクトもメガネも外した見えない近視の眼のまま、最初から数えて4人目の先生に「はじめまして」と声をかけられた時は、ただただ祈るばかりでした。でも、ちょっとホッとしたかな。「私の手術してくれる先生、ホントに居たんだ!」と。その後、全身麻酔。

まあ、小言はおいておいて、術後1週間たった今も、背中はギンギンに痛みますが手術直後よりは100倍マシ。徐々に身体も良くなって、またバナちゃんと戯れられる日を夢見て、もう少し治療に励みます。定期的にエンジンを掛けてあげてるバナちゃんは、相変わらず調子は良さそうだ。

追)
抜いたボルト(ビス?)、先生に頼んでもらって帰ってきたので、体調が戻ったら何か記念品でもDIYしようと思います。なかなかいい素材の金属だ。工作の精度も高そうw

プチ・カスタムから始めよう

やっと暖かくなってきたかな〜と思っていたら、また天気の悪い日が続いてますね。でも、その合間を縫ってバイクを少しずつカスタムしていきたいなと計画中。まずは、先日、ホイールやらエンジンやらを黒く塗装をしてみましたが、次はいくつかパーツの取り付け。あんまり派手派手しくは飾り付けたくないので、あくまでもちょこっとだけやるつもり。でも、フォークブーツは前々から付けたいと思っていたので実行に移す。少し重いモノも持てるようになってきたので、何とかなるでしょう。

というのもフォークブーツ、いろいろなサイトやブログを拝見していると「簡易(簡単?)取付」として、ブーツを割って(あるいは最初から割ってあるモノもあるみたい)、取り付けてから接着剤で繋げる、、という方式があるみたいです。でも、やはり強度に心配があるので、オーソドックスにフロントフォークを外して、筒状のまま履かせることにしました。(少々、力仕事になります)

バイクのフロントフォークを外すのは初めてですが、参考にさせていいただいたブログを見る限り、ジャッキアップさえ上手くできればなんとかなりそう。。ジャッキは自動車用のモノを代用しました。エンジンのセンターを油圧ジャッキで上げておいて、フレームにジャッキスタンドを2個追加して支えます。このままだと前輪が上がらないので、三点倒立が安定している状態で、再度油圧ジャッキで前輪を上げていきます。なんとか作業できる状態になりました。あとは、キャリパー、メーターケーブルなどから順番に外していき、前輪を完全に取り外し、最後にフォークを抜きます。私は1本ずつ抜きましたが、フォークの向きがズレないようにフェンダと一体化させたまま、2本同時に抜いてもいいかもです。(私はただ今筋力に自信がないのでひとつずつ)


ここまでくれば、あとはフォークにブーツを履かせ、逆の手順で戻していくだけ。バナちゃんの整備と比べると、さほど苦労する部分は無かったかな。フォークの向き調整が難しかったのと、前輪の取り付けの時はちょっと力が必要でした。(この時だけヘルプの人がいるともっと楽でしょう)

今回大変参考にさせていただいたブログ(感謝!)
>DARADARA.site :「自分でできるフォークブーツの取付方法!面倒だけどちゃんと付けた方がいいよ」

フェンダーのボルトを少し締めすぎたかな?(もともとひび割れがあり、ひびが少し広がってしまった)と悔やみますが、もう一度前輪を外す体力的余裕はないので、まあよいか。そのうち新しいフェンダーでも探しましょう。

おまけに、ずっと使ってなかった米軍払い下げのポーチ(これはたしか岩国基地前で買ったのかな・・)があったので、ショルダー部分を取り外し、いったん針金で括りつける。まあまあ良い感じ。でも植木用の針金もなんなんで(取り外しも面倒だし)、そのうちカラビナ留めにでも変更しましょうか。


追記
慣らし運転がてら、三浦海岸方面へリハビリ・ツーリング。大好きな海辺のカフェにて、美味しいパスタランチをいただきました。100kmくらい走って、タイヤにガタもなかったし、今回のプチ・カスタムは85点!サイドバッグ無い方がいいかもな〜w

<メンテメモ> *今回購入したモノ(Amazon)
フロントフォークブーツ 206-014 ¥2,256

オイル交換も実施(10,257km)
エンジンオイル(Honda G1) 5W-30 ¥1,073
Oリング 70-967-31050 ¥239
廃油処理箱 ¥464
オイルジョッキ 2L ¥1,136

Beachend Cafe
〒238-0102 神奈川県三浦市南下浦町菊名1089-18

そろそろバイクも復活を

腰を負傷してから早8ヶ月。まだまだ治療は継続中で、秋には背中のボルトを抜く手術も待っていますが、暖かくなってきたので、そろそろバイクも復活させたいところ・・。でも、先日少し近所を走ってみましたが、まだまだ背中が痛いのと(たぶんこれはボルトを抜くまで治らない)、腕と足の筋力がかなり落ちてるな〜が感想。じっくり、焦らず戻して行くしかないですね。

とはいえ、なんでもいいのでバイクを触っていたく、庭先に引っ張りだして、あまり力の要らない作業をやることに。今回はホイールとエンジンを黒に塗ることにしました。走りには全く関係ないですね。でもいいのですw

ホイールはホームセンターで買った格安のスプレーでマスキングなしの一発勝負。エンジンはオイルキャップとオイル容量のシールだけはマスキング、一応簡単な下地処理とプライマーは塗って、飛散防止用に段ボールを1枚持ちながら耐熱のつやなし黒を塗っていきます。

途中雨が降ってきてましたが、逆にそのおかげで塗り過ぎず、乾くのを待って次の作業に入れるので、ここまではまあまあ良い感じに仕上がりました。あとは冷却フィン部分は紙やすりで削ろうかな?このままがかっこいいかな?。

やりたいことはまだまだあるのだけれど、体力が復活してからにしましょう。その前に、少しずつ慣らし運転を始めなければ。

今回使用した耐熱スプレー(Amazonで購入)

追記
コンビニの「沖縄フェア」に行って来てと家族から要望があったので、そのコンビニと、別なコンビニとスーパーにも寄って、今宵は沖縄めし大会でもやろうっかな。

オーニングのエンドキャップカバー紛失

普段から毎度チェックしている訳ではないので、いつ?どこで?無くなったのかはわかりません。気づいたら無かったです。まあ、無くてもあまり困らないような気もするのですが、ちょっとカッコ悪いですね。経年の変色度合いがあるので、できれば中古のエンドキャップカバーを見つけたかったのですが、ダメでした。結局、新品での購入です。たしか数年前にも一度購入したことがあるので、ブログの履歴を辿りました、、、お値段が倍くらいになっていました。何の影響でしょう、まあ10年近くも経っているようですから仕方のないことですね。逆にまだ在庫があって良かった。新旧の色の差も然程目立ちません。

過去ブログより> そういえば、サイドオーニングも修理。

<メンテメモ> 前回はオグショーさんで直に、今回は楽天経由で購入
(今回)
FIAMMA サイドオーニング F45 Plus エンドキャップカバー 左
純正品番:274-1-
品番:OSE-02740-01   
販売価格(税込) 2,860 円 × 1 = 2,860 円
送料(税込)  660 円
合計金額 3,520円
FIAMMA フィアマ サイドオーニング F45 Plus エンドキャップカバー 左(楽天)

(前回)*2013年12月購入
FIAMMA サイドオーニング F45 Plus ウィンチカバー右
(純正品番:02741-01)(OSE-02741-01)
 価格 1,291(円) × 1(個) = 1,291(円)
———-
FIAMMA サイドオーニング F45 Plus エンドキャップカバー 左
(純正品番:02740-01)(OSE-02740-01)
 価格 1,291(円) × 1(個) = 1,291(円)
———-
FIAMMA サイドオーニング F45i、F45Plus ストップデバイス 右
(純正品番:03308-01)(OSE-03308-01)
 価格 7,297(円) × 1(個) = 7,297(円)
*これはサイズが合わなかったのでご注意を!

過去ブログ> サイズがちゃいまんがな。
———-
小計                9,879(円)
送料(税込)           735(円)
ポイント利用  △300(円)
—————————————————
注文金額合計   10,314(円)

また、ついでにポップアップルーフのクッションも張り替えました。これでミシミシと音が鳴るのが直るといいのですけどね。クッションテープはホームセンターで900円くらいでした。ポップアップルーフを持ち上げるのに腰がまだまだ痛い。

蓼科高原へスキー旅行

今シーズン、やっと2度目となるスキー旅行。1ヶ月ほど前から計画をしていましたが、3連休のため目ぼしい宿はどこも予約でいっぱい。空きがあるところは高すぎて手が出ません。そこで、スキー場としてはあまり競争が激しくないエリアで、価格も手頃で、横浜から行くのもそう遠くなく、もし近隣に雪がなくてもそこを拠点とすれば、少なくとも2日目はもうちょっと足を延ばせばなんとかなる・・、そんな期待を込めて中央道を使える蓼科方面を予約しておきました。

でも幸い3連休前にぐっと気温が下がり、初日、2日目共に降雪があったので、結局蓼科高原周辺で事足りました。ラッキーでした。当のバナちゃんも直前にオイル交換&下回り点検を行なっているので、安心しての遠出です。今回も私は怪我の療養中なので運転手さんのみ。スキーはできません。

奥さんが選んだのが、お初の「ブランシェたかやまスキー場」。スキーヤーオンリーの方がやはり安心して滑れるようです。まあ、私もその方が山裾のロッジで心配も少なく待ってられます。前回よりもかなり遅く自宅を出ましたが、それでも開場の1時間前くらいには到着しました。蓼科辺りだとやはり近いです。駐車場はガラガラ、バナちゃんの中でしばし休憩して、開店すぐに食堂で朝食をいただき、家族を見送り、あとはひたすら読書をして待つ・・。長い、けど、それはそれで楽しい時間。

ブランシェたかやまは、リフトの横に懐かしいような、そうでもないような電車の車両がなぜか鎮座しています。でも、ゲレンデはもみの木と雪がとても綺麗だったようです。スキー終了後、今回の宿に選んだのは、こちらもお初の「ホテルハーベスト蓼科」。東急リゾートタウン蓼科内にあるホテルです。東急リゾートタウン蓼科自体は、びっくりするほど広大な敷地面積がありますが(タウン入り口の看板からホテルまでもかなり走る)、ホテルはその中心的な場所にあります。我が家が宿泊した価格が手頃なカジュアルなホテル以外にも、いろんなタイプのホテルや別荘?各種施設集まっていました。夕食もそのエリア内で「北インド料理」をいただきました。カレー屋ではないよ、が予約時のお店の方からの注意事項でしたw 逆に我が家にとってはその方がありがたかったです。

ホテルには当然のように天然温泉が完備。スキー後の疲れを癒し、北インド料理を堪能した後は、少し広めのお部屋でエリア内のコンビニで買い出しておいたお酒やお菓子で、家族とゆっくりできました。

2日目。朝起きると窓の外は雪景色でした。夜の間にもまた少し積もったようです。これなら近隣のスキー場でも大丈夫そうだなと、ちょっとゆっくり目に始動して、一番近い「ピラタス蓼科スノーリゾート」へ向かいます。しかし、ここは前日のブランシェと違い駐車場にさえ入るのが一苦労でした。おそらくスキー以外の目的で来られる方達もいるようです。ロープウェイ乗り場にも長蛇の列が・・。道中の山道にも路駐のクルマが溢れています。山登り?雪景色撮影?なんでしょうかね。

ということで、2日目は馴染みある「白樺高原国際スキー場」へ変更。積雪量が心配でしたが、ホテルと同じ地区ではあるので前日に少し降っているだろうと予測しましたが、正解でした。ブランシェたかやまよりもゲレンデ幅が広いし、コースに慣れているので練習には良かったようです。2日目も家族を送り出した後、またまた読書をしつつ、ひたすら待ちますw その間に夕食をどこにするかをリサーチ。

実はホテルから、ピラタスへ向かう時、そこから迂回して白樺高原に向かう時の峠道はほぼ凍っており、非常に危険な状態でした。スリップしてガードレールに激突した直後にクルマにも出会いました。我が家のバナちゃんのブレーキは、後ろがドラムブレーキのためかやや甘めに感じるので、夕食はあまり遠くには行きたくないな、できればスキー場からホテルの間の範囲で決めたいな、と、丹念に探しました。結果、とっても良いスウェーデン料理屋さんを予約することができました。お店の雰囲気も、お料理も最高でした。北欧料理というと、あまりいい評判を聞かないこともありますが、こちらのお店は大満足でした。家族にも好評でした。

さて、旅ブログwの終盤。最終日は、以前から行って見たかったお蕎麦屋さんにも伺ってきました。15時には閉まってしまうお店なので日帰りでの蓼科・白樺方面に来ている時は来られませんでした。今回は午前中に・・・、が、なんと70分待ち(8組くらいかな)。でも、それだけ待っても十分に価値があるお味でした。我々の後にもどんどん待ち組が増えてましたが、みなさん美味しいお店のことをよく知ってますね。

さてさて、今回も約600kmの旅、我が家のバナちゃんは無事に自宅へ連れ帰ってくれました。さすがに3連休最終日なので中央道、東名は各所で渋滞しましたがバナちゃんにトラブルなし。最後はお決まりの海老名SAの成城石井でガパオライスとサンラータンメンを夕食用に購入。それも美味しかった。嗚呼、今シーズンはもう終わりかな。

ホテルハーヴェスト蓼科
〒391-0301 長野県 茅野市北山鹿山4026-2

ブランシュたかやまスキーリゾート
〒386-0601 長野県小県郡長和町大門鷹山3652

白樺高原国際スキー場
〒384-2309 長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野745

インド料理 ナマステ
〒391-0301 長野県 茅野市北山鹿山4026-2

北欧料理 ガムラスタン
〒391-0301 Nagano茅野市北山芹ヶ沢4947-1

石臼挽手打そば みつ蔵
〒391-0301 長野県茅野市北山4035-228


10ヶ月で2,000kmちょっと

3連休にスキー旅行が控えているので、仕事をお休みして、久しぶりにT4まいすたぁさんへ行ってきました。目的は、昨年末の車検時に出来なかった下回りの点検と塗装、それとオイル交換です。前回のオイル交換から、なんと2,000kmちょっとしかバナちゃんに乗れてないけど、約10ヶ月も経ちますから念には念を入れて。オイルエレメントは、安い時に楽天で買い置きしておいたものを持ち込みです。

まだまだ手術した腰が悪く、屈んだり、重いものを持ち上げたりできないので、当日はリフトスペースを予約しておきました。やっぱり、この方が楽チンです。朝一番の到着後、エンジンオイルが冷めるまでの間に、下回りを点検し、モノタロウ産のシャーシブラックと耐熱シルバーをグイグイ塗っていきます。金属ブラシでサビ部分を丁寧に落としてから塗装をしていきますが、2年でずいぶんとサビは溜まるものです。コロナ用のマスクのまま塗装しましたが、やはりちゃんとした塗装用マスクが必要でしたね。持ってたのに。。ちょっと喉が痛くなりました。

今回、特に念入りにチェックしたかったのは、マフラーのつなぎ目部分と足回り。スキーの後には毎回除雪剤などをきちんと水道で洗い流しているつもりですが、下を覗き込むような姿勢をしばらく出来ないこともあって気になってました。でも、十分に満足いく処置ができた気がします。

オイル交換も今回やっておいて良かったです。走行距離はほとんど延びてないですが、かなり汚れていました。古い車ですから、その辺りは気にかけてあげた方がやはりいいなと、あらためて。

さて、またまた自分は滑ることは出来ないスキー旅行ですが(運転手さんのみ)、家族の楽しげな顔を見られるだけで十分。週末は、バナちゃんで2泊3日の旅に行ってきます。雪はあるかな・・。

追記)
アンダーカバーとATFのオイルパンがなぜか擦れたような形跡あり。時間は経ってますがエンジンマウントも交換済みなので、エンジンが下がって来ている気もしないのですが、少し調整をして様子を見てみます。

点検時走行距離:142,107km

バナちゃんでお久しぶり。

いつぶりだろうか?バナちゃんでのお出かけ。とりあえず、月に1度は欠かさずエンジンを回し、掃除も怠らない。もちろん仕事の移動オフィスとしても活躍してくれているので、全く乗れてない訳ではない。今シーズンもちゃんとスタッドレスは履いてある。少し長旅、の話だ。でも、私の備忘録である本ブログで念のため検索してみると、昨年5月は道志川にはキャンプで行っていたようだ。う〜ん、覚えてないなぁ。とにかくスキー場くらいの遠出、そんなお出かけは1年ぶりとなる。久しぶりだ。

私自身はしばし長期の療養をお医者さんに言い渡されているためスキーは出来ない。が、それでは家族に申し訳ない、と今回のスキー旅を企画した。まだまだ長距離運転は身体に堪えるのだが、1泊2日の旅である。前回、30番リレーを交換してからバナちゃんの調子はすこぶる良い。ただ、2時間くらい走って、エンジンを止めようとする際、ブーン、ブーンと勝手に吹き上がることがあるので、やはり完全には治ってないようだ。その原因がわからない。もう少し様子を見つつ、調べてみよう。

さて、閑話休題。1泊2日のスキー旅は軽井沢からの嬬恋、つまり北軽井沢方面。北軽井沢は群馬県だというのを知ったのは最近のことだけど、この旅程自体はもう何度か来たことがあるテッパンのコースだ。前回に美味しい朝食屋さんを見つけたので、今回も予約をしておいた。冬場にしかやってないそのお店は朝7時が開店時間。余裕をもって30分前には現着した。住宅地?別荘地?に近いところにあるので、道中は思ったより雪が少なかった。久しぶりなのでその方が安心である。よかった。今回も家族3人がそれぞれ好きな朝食セットをオーダーし、追加で大きめのボールで「本日のスープ」をシェア。この日は大好きなクラムチャウダーだった。ラッキー!娘は今回もエッグベネディクト。私が子供の頃にはこんな洒落たお料理なんて無かったな。あって目玉焼き乗せハンバーグくらいか。ママさんはフレンチトーストのセット。こちらは子供の頃にも聞いたことはある響きだが、見た目が完全に違う気がする。あの頃は完全に「食パン」の雰囲気だった。

1年ぶりのスキー場は、ママさんの希望で嬬恋リゾートに。我が家にちょうどよい塩梅の難易度である。私はコースには出てないので感想はないのだけど、待ち時間はバナちゃんでひたすら寝て過ごした。快適だったが暇だった。最近はお昼に駐車場のクルマに戻り、キャンプ道具を出して自前のお昼を何かしら作って食べている人が多いのかな。次回は私もやってみようか。軽バンの後を開けて、お湯だけ沸かしてカップラーメンを食べる親子も居たが、あれはあれで楽しそうだ。実家が自営業だったからか、子供の頃に親と旅行に行った記憶がほとんどないので、少々羨ましい。まあ、その反動が今に出ているのかも。

宿泊は恒例の?「軽井沢1130」さん。元々会員制リゾートだったらしくお部屋が広々としているのと、お風呂(もちろん温泉)がとても良い。腰にもいいはずだ。あとはリニューアルしたばかりのプール&スパも今回は入れる時間があったので家族は大喜び。夕食は最近ビュッフェスタイルよりもコース料理を家族が好むのでそちらを選択したけれど、お料理も接客も大変満足。翌朝の朝ごはんは恒例のビュッフェ。そちらも種類が豊富でとても美味しゅうございました。夜は雪が少し積もったようだった。

さてさて、バナゴンブログというよりほぼほぼ旅ブログとなってきたが、さらに旅ブログを続ける。最後にずっと行きたかった浅間山近く(に見える)のお蕎麦屋「みのり」さんに。北軽井沢に別荘がある、古くからの友人の前々からの紹介なので、間違いないはず!と期待値はかなり高まっていたけど、それ以上だった。ゴマをすってそばつゆに入れるのがあんなに美味だとは思わなかった。次回もこちら方面に行ったら必ず立ち寄りたい。

往復約600km。今回もバナちゃんはみんなを安全に乗せて、無事に帰宅させてくれました。おつかれさま。ありがとう。次は3月かな〜。その前に、T4まいすたぁさんに一度メンテに行ってきましょうね。それも私のバナゴンライフの楽しみのひとつである。

今回の行き先まとめ
<朝ごはん>
キャボットコーヴ
〒389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分78-26

<スキー場>
パルコール嬬恋リゾート
〒377-1611 群馬県吾妻郡嬬恋村大字干俣 バラギ高原

<ホテル>
軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130
〒377-1402 群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1453-2

<お蕎麦屋さん>
地粉そば処 みのり
〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-2874

The Essential Buyer’s Guide

先日、Amazonの.comサイトを眺めていたら、こんなのが出てきたのでついポチってしまいました。購入後、国内の洋書が買えるサイトを見てみたら、そこでも取り扱いがあったようですが、今は在庫切れのようです。無事に届くか心配だったけど、今は配送状況が追跡できるので、まあまあ安心ですね。

で、昨日無事に届きました。予想よりも小さい判型(かなり小さい)。リーディンググラスが必須ですが、お酒と辞書を片手に読むのが楽しみです。

Volkswagen T4: Transporter, Caravelle and Camper models, 1990 to 2003 (The Essential Buyer’s Guide) 
本代 $23.83
送料 $10.81
合計 $34.64
日本円で4,000円くらいですかね。今、Amazonを見たらセールやってたな。まあ、よいか。