ダッシュにモニター直留め

我が家のバナちゃんにはナビが付いてない。今後も付ける予定なし。でも、直距離ドライブの際には無いとやはり不便。普段はスマホか、持ち込みタブレットをナビ代わりに、かれこれずっと使用しています。でも、オンダッシュは若干邪魔になる。視界も悪くなるので安全上も良くないし、道路からの振動で画面位置が微妙にズレていく。

ということで、いろいろ思案した結果、ダッシュに直留めすることにしました。でも、穴はできるだけ開けたくないので、ベロクロ(って、最近は呼ばないのかな?)、つまりマジックテープで着脱可能な形式に。ただし、通常のマジックテープよりも強力なタイプ(プラスチック成形)。今時のタブレットは軽いので、これで十分安定しますね。

少々、メーター側にはみ出すけど、ワイパースイッチにもギリギリ干渉しないので、安全性も問題ないでしょう。これで今シーズンのスキーは使ってみます。どんな感じかな。充電用コードも、とりあえずマイナスドライバーでパネルのすき間にはめ込んでスッキリしました。90点!あと、10点は使い勝手次第。

マジロック 黒 25mm×15cm(楽天)
マジロック 黒 25mm×15cm(Amazon)

リアゲートダンパー交換

冬場になるとリアゲート(リフトゲート)のダンパーが効かずに、ズリズリと下がってきます。特にスキー場なんかではほとんどダンパーの役目を果たしてない。結構、不便です。でも、意外といい値段するんですよね。

ところが、先日ヤ○オクで安いのを見つけました、2本で2,000円w。消費税、送料を入れても3,000円ちょっと。試しに買ってみました。純正とは少し形状が違う気がしますが、一応取り付けは可能でした。圧力も純正とほほ同じらしいので、これで改善するといいな。もう少し寒くなったら、結果が出るでしょう。

古いダンパーのブラケットは、細いマイナスドライバーでクリップを緩めれば、簡単に外せるので念のため残しておくことにします。(買ったダンパーは一体型でブラケットもボルトも付いていた。純正はセパレート型で付いてなかったような・・)

今日はお天気が良い。バナちゃんでどこかに行きたいが、お昼からお仕事です。

スライドドア・ダンパー

備忘として。
ホームセンターの厚手ゴムを加工して使っていたスライドドアのダンパー(写真なし)。入手はあきらめていましたが、T4まいすたぁさんに希少な在庫がありました。ありがたい。古いリベットをドリルで落として、新しいリベットで留め直して完了。お探しの方はお早めに!

もう少し、周りをキレイにしてから付ければ良かったかなw でも、すっきりしましたね。

T4まいすたぁ:スライドドア・ダンパー入庫

メンテメモまとめ(4回目)

メンテメモのまとめも4回目となりますが、今後もやろうかなと思います。おそらく更新はこのくらいの時期ですが、不定期です。あくまでも自分メモ。

*過去分に追加

<2013年6月>
・バキューム(負圧)ホース交換
・ヘッドライト光軸調整パーツ交換
・イグニッションコイル交換
・エアフィルター
・タイヤ&アルミホイール新調
・外気フィルター
・ラジエーターグリルゴム
・後輪のドラムブレーキ塗装
 *(おまけ)前輪のボルトが1本抜け落ち新品購入

<2013年7月>
・ブレーキロータ交換(フロント)
・キャリパークリーニング
・ブレーキエア抜き、フルード交換
・ドアスピーカー(ウーハー)&ダッシュボードスピーカー新調
・ウィンドウフィルム(サイドはDIY、バックはプロ施工)
・オイル&エレメント交換

<2013年8月>
・サス交換(ゴムブッシュ含む) *ビルシュタイン B46 ガス封入式
・ルーフトップのキャンパス交換
・エアコンのファンレジスター交換
・ウィンカー(フロントのみ)交換 *スモーク

<2013年10月>
・ミッションマウント交換

*以下は車検業者さんに依頼しての作業
・プラグ交換
・インジケータバルブ交換
・ワーニングタイムリレー

<2013年11月>
・ラジエーターリレー交換
・オイルクーラーシール
・クーラント追加(1L) *この頃から徐々にクーラント漏れが・・
・ホースバンド

<2013年12月>
・オーニングのストップデバイス交換 *サイズ合わず加工
・スタッドレスタイヤ購入
・ヘッドライトをHID化
・サイクルキャリア装着

<2014年1月>
・ギャレーのコンロを「カセットボンベ化」

<2014年4月>
・タイミングベルト交換
・テンションナープーリー交換
・リレーローラー交換
・ウォーターポンプ交換
・クーラント入れ替え
・オイル交換
・スライドドア交換  *ただし、窓の開閉機能が無くなる

<2014年11月>
・ギャレーのシンクの水漏れ修理

<2014年12月>
・排水タンクをDIY
・オイル&エレメント交換

<2015年1月>
・エンジンマウント交換

<2015年7月>
・ラジエーターファンのヒューズ交換(新調)
・シガライターソケット交換 *後々、トラブルに発展w

<2015年8月>
・エアコンのガス注入

<2015年9月>
・オイルプレッシャーのパーツ交換
・オイル交換
・ライセンスプレートのバルブ交換

<2016年10月>
・メーターバルブ切れ(交換)
・センターマフラー&サードマフラー交換

<2016年12月>
・ATF&フィルターガスケット交換

<2017年1月>
・地デジアンテナ取り付け
・ギャレーの収納ドアを上下に分割
・シフトノブ交換
・ルーフキャリア&ボックス取り付け

<2017年2月>
・オイル&エレメント交換
・フォグランプ装着 *ただし未結線

<2017年4月>
・30番リレー交換 *あまり意味はわかってない

<2017年5月>
・クーラントホース漏れ改善(リアヒーターの導線をバイパス)

<2017年6月>
・ステアリング交換 *ヤフオク
・デスビキャップ&ローターアーム交換
・プラグコード新調

<2017年8月>
・サブバッテリー交換(2個)  *一度充電実施

<2017年9月>
・ブレーキフルード交換
・ホイルシリンダー
・ワイパーゴム交換(リヤはフロントのお古)

<2018年2月>
・クーラント漏れ(再)修理 *フランジ交換
・プラグ交換 走行距離115,000km時点 (NGK BP6ETに)

<2018年3月>
・エンジンオイル交換(エレメント交換)
・デフオイル交換
・パワステフルード交換
・トーションバー調整(車高の傾斜調整)

<2018年4月>
・夏タイヤ新調(BFGoodrich P215/70R15 97S RWL)

<2018年6月>
・エアークリーナー(フィルター)交換

<2018年7月>
・アッパーボールジョイントアーム(アッセンブリー)交換 *左前
・エアコンガス注入(1本)
・ワイパーゴム交換(フロント&リヤ共にブレードも交換)
・プラグ交換 走行距離121,400km時点 (NGK BUR5ETに戻す)
・エンジンオイル交換(エレメント交換なし)

<2018年9月>
・イグニッションコイル交換 (交換時:123,750km)
・給水タンク掃除(フロートによる残量表示が上手く反応せず)

<2018年10月>
・オイル&エレメント交換 (124,626km)
・燃料フィルター交換
・ステアリングコラムカバー(下側のみ)
・ステアリング交換 (momo) *OLYMPIC III LEATHER/WOOD MAHOGANY
・アイドリングバルブ交換
・メーターパネルのハイビーム表示バルブ交換

<2019年1月>
・オイルプレッシャースイッチ交換(青・白)
・スタッドレスタイヤ新調

<2019年2月>
・イグニッションコイル (交換時:126,820km)

<2019年4月>
・エンジンオイル 1L追加
・メタライザー軽ワザ (パワーステアリング修復剤)注入

<2019年6月>
・燃料ポンプ交換
・燃料ポンプリレー交換(167番)
・オイル交換 10-40W (129,366km) *エレメント交換なし
・デスビキャップ&ローター交換
・パルスセンサー交換(新品を買ったが適合せず、中古品を再購入)
・メタライザーEX(金属表面修復剤)注入 (走行距離129,440km辺り)
・バッテリー交換 *BOSCH PSIN-7C

<2019年7月>
・夏タイヤ用のホイールを黒に塗装

<2019年8月>
・「サビ塗装」をヤメる。サビ塗装部分と「サビ」部分を補修して塗装

<2019年9月>
・30番リレー交換 *純正品

<2019年10月>
・サブバッテリーの配線変更

<2019年11月>
・オルタネータのリビルト(ベアリング交換)
・リブベルト交換
・ワイパーブレード交換(前後)

<2020年2月>
・サーモスタッド交換
・クーラント交換
・空調フラップ貼り直し

<2020年5月>
・後部スピーカーボックスの補修

<2020年9月>
・バッテリーあがり(室内灯消し忘れ)
 *以前のバッテリーを戻して再充電する 
  BOSCH PSI-7G(戻し)、BOSCH PSIN-7C(再充電して保管)

<2020年11月> 133,246km時点
・タイミングベルト交換(124山)
・テンションプーリー交換
・リレーローラー交換
・ウォーターポンプ交換(18山)
・クランクプーリー・オイルシール交換 *オイル滲み対策
・クランクプーリー用6角ボルト交換(4本)
・リブベルト・アイドラローラー交換
・エンジンオイル交換(10-40W)
・オイルフィルター(エレメント)交換
・クーラント交換(緑)
・スライドドア・ダンパー交換

・リアゲートダンパー交換(2本) 11/28追記

2度目のタイベル交換

そろそろ冬支度。ここ数年は、夏場よりも冬の方がバナちゃんの稼働日数が多いので、冬前に事前メンテというのがお決まりのパターンとなりつつあります。まあ、我がバナゴンは車検時期が9月後半〜10月上旬なので、それもそうなった理由かも知れません。

さて、今回は2度目のタイミングベルト交換。前回が6年前、89,900km時点だったので少々早めかも知れないですが、スキーシーズンに入ると週末に長距離を結構走りますので念には念を入れて・・。あと、少し早めに替えたいのは、前回の交換時には見逃してしまったクランクシールからのオイル滲み(おそらく…そこだろうと)。それがタイベルの耐久性に少々影響を及ぼしているのではないかと、気になってました。

【前回】タイミングベルト交換。4/12メンテメモ(2014.4.12)

前回同様にT4まいすたぁさんにお伺いして、リフトに載せてもらい、下側からタイミングベルトにアプローチしていきます。手順などは、先人のお詳しい方達がたくさん書かれているので、私なんかの解説は割愛。とにかく、私が気になっていたオイル滲み箇所の特定と、それによるタイベルの劣化具合の確認が今回の私のメインです。

お決まりのアンダーカバーを外した後(これは流石にもう覚えましたw)、リブベルト、アイドラ(アイドル)プーリー2個、パワステのプーリーとクランクプーリーをやっとの思いで取り除くと、タイミングベルトにお目にかかれます。やはり、オイルをずいぶんと噛んでいるようです。ただ、想像よりはタイベルの劣化は進んでいなかったように見えます。強度変化などはわかりませんけどね。

テンションプーリーを緩めてタイベルを外してから、カムスプロケット(一番左の歯車)を抜くと問題の滲み箇所が目視できます。ここのシール部分が前回の交換記録には無いので、おそらくやれてなかったのだろうと思います(記録漏れかも)。今回は確実に交換をします(メモします)。また、ウォーターポンプを今回ももちろん交換するのですが、バナちゃんには新旧で20山と18山の2種類があるらしい。元々のウォーターポンプは、なぜか磨いて私の部屋に飾ってあったのでw、古い18山であることはわかるのですが、交換したのが18山か、20山かの記憶がなし(メモなし)。今回外してみないとわからないのでパーツの持ち込みはしませんでした。結果、前回同様に18山が付いてました。こういうのも記録を付けておかないとダメですね。*同様に不安な方は、まいすたぁさんにご相談するといいですよ。

さてさて、ここからはオイルで汚れた部分などをできるだけキレイにしてあげて、逆手順で新しいパーツを組み戻していきます。アイドラプーリーは片方だけ交換しました。仕上がったタイベル交換後の姿は本当に美しい。滑車好きの私としてはいつまでも見てられますが、日が暮れてしまうので、せっせと作業をします。

オイルとオイルフィルター交換、前回も替えた記憶があるような、ないようなクーラントも新品に交換します。本当は赤のクーラントに替えて気分転換したいけど、フラッシングなどをやる余裕は今回無いので、今後の楽しみに。

とにかく、気になってあまり遠出ができなくなっていたタイベル交換を無事に終えて一安心。先日購入しておいたエアーコンプレッサーの交換も次回のピット作業のお楽しみに残しておきます。まいすたぁさん、今回もお世話になりました。

<今回の交換パーツ> 133,246km時点
・タイミングベルト(124山)
・テンションプーリー
・リレーローラー
・ウォーターポンプ(18山)
・クランクプーリー・オイルシール
・クランクプーリー用6角ボルト(4本)
・リブベルト・アイドラローラー
・エンジンオイル交換(10-40w)
・フィルター(エレメント)交換
・クーラント交換(緑)

おまけ、スライドドア・ダンパー交換

楽しい、充実した1日でした。

エアーコンプレッサーが来たよ

コロナ禍は越年しそうですね。日に日に感染者数もまた増えていて、みなさんも引き続きお気をつけください。さて、そんな中ではあるのですが、そろそろ冬支度も始めなくてはいけません。今シーズンはどれくらいスキーに行けそうかな。

未だに仕組みがわかってないですが、エアコンのない我が家のバナちゃんにもエアコンプレッサーは付いています。クーラーの時に回るのでしょうけど、ヒーターの時も動いてるんですかね。そのエアーコンプレッサーは、おそらく新車時のまま。まあ、壊れてなければ特に替える必要もないのかも知れないですけど、マグネットクラッチ部分には不具合があるように思います。クラッチの稼働部分が何個か破損してます。スイッチを入れれば、エンジンと同期してプーリーはまだちゃんと回りますが、近日中に久しぶりのメンテで、下回りを開けてタイミングベルト交換までやろうと考えてますので、この機会に交換しちゃいましょう。

車台番号、形式、年式などで確認してもらってお取り寄せしましたけど、ちゃんとうまく付けられますかね。交換後にどんな効果があるか(効果というのはないのかも)、楽しみです。

VW A/C エアコンコンプレッサー T4/ヴァナゴン/カラベル/トランスポーター4 | DENSO製 701820807A

そろそろ、再始動。

「緊急事態宣言」が神奈川も解除されたけど、安心して外出できるのはまだ先になりそう。。もう少しの我慢かな(たぶん)。まあ、そんな状況ではあるのですが、もう3ヶ月も乗れてないバナちゃんは、再始動の準備をそろそろ始めます。

エンジンだけ定期的にかけてはいるけど調子は心配。まずは今シーズンほとんど活躍しなかったスタドレッスを外し、お気に入りのサマータイヤに交換。スタドレッスはキレイに洗ってまた年末からお世話になります。(ホワイトマーカーでローテーションを記入)

 

あと、やりたかった作業がコレ。後部座席の上にあるボックス(ここはなんていう名前なんだろか・・)の底板が徐々に下がってきて、走行中に扉が「パカパカ」するので修理です。メンテというよりも木工ですなw

img_0829

けど、このボックスを外すのは意外とひと苦労です。重い。最初は下から木づちでパコパコ叩けば直ると思ってんたけど、叩いてもうんともすんとも。結局、外すことにしました。天井のボルト2本、側面のボルト2本、あと天吊のボルトも1本外します。中にある大きめの、黒いステー2本は外さなくても、おそらくボックスは外れるのだと思いますが、私は全部外して、再度締め直しました。ボルト止めのスペースが狭いし、キツい姿勢での作業となるので、できれば2人位での作業がオススメです。もう2度とヤりたくない作業のひとつになりました。

補修は内側から厚めのL字金具で補強し(ビスは3.5mm×16mm)、2度と底板が落ちて来ないようにしました。底板が元の位置に戻ったので、扉のパカパカもばっちり直りました。さあ、次は何をしようかな。。

スッキリしないヨ〜

コロナ禍の収束は一向に見えず、私自身も在宅勤務推奨から強制在宅勤務となり、世間では休業やお給与の減額も多発。しばし行けなくなったあの店、この店は大丈夫かな・・と心配が尽きない。もちろん、外出自粛要請、家族や自分の健康第一、周りの人にも迷惑を掛けちゃいけないからこの状況を耐え忍ぶしかない。でも、自分に何が出来る?ということもなく、最前線でこの事態に対応してらっしゃる政府や医療関係などの方々には本当に感謝するばかりだ。今、私が唯一できることはこの状況でも在宅勤務もままならず、出勤している家族を可能な限り朝夕に送り迎えすることくらい。車があって良かったとあらためて思う。いつ感染してしまうのか?それは怖いけど、長引けば長引くほど気持ちもスッキリしないのも事実。

そこにまたまたの暴風雨到来。遂にアウディA3のワイパーの「ビビり」が我慢できなくなってきた。全然、治らない。

昨年9月の納車翌日が例の大台風(15号)。さすがに台風通過タイミングでは出かけなかったのだが、その前から横浜では降雨が続いてた。大のワイパー好きとしてはw、早速新車のワイパーを作動させたのだが、悲しくもその時点ですでにビビりまくり(マジかっ!)。数日後に保険契約で再度ディーラーさんに行った際にその旨を伝えるも、「アウディはコーティングするとワイパーがビビりやすいんです」との回答。(えっ、そうなの?)

「じゃあ、コーティングを落として欲しいなぁ」と思ったのだが、もうすでに「再度コーティングし直してます」との神対応。営業さんも、エンジニアさんもとても良い人。1時間位作業を待って帰宅。フロントガラスのコーティング部分をやり直してくれたみたいだ。だが、残念ながら結局その後もビビりは治らず終い。

すごくイライラするんだよね、ワイパーのビビり。危ないし。でも、新車でもワイパーのビビりが普通にある、と言われると、大のワイパー好きでもやりようがない。しばらく乗っていると馴染むと治るのかな〜?とか思い乗り続けるものの、その後数ヶ月乗ってみたが熟れてくる感じは全く無い。残念。

そんな時、バナゴンちゃんのワイパーゴムを交換するタイミングで、バナゴン用に買った新品ゴムとアウディの新車ワイパーゴムの硬さを比較してみた。明らかにアウディ純正が硬い。ほぼバナゴンの交換前の古いゴムと同じくらいの硬さ。あぁ、これではビビるわな〜と思い始める。これ本当に新品ゴムなの?ってくらい。諦めモードで硬いそのゴムにバナゴン用に持っているゴム軟化剤を塗ってみる。1週間くらいは快調だった。でも、やっぱりビビる。特に間欠ワイパーの時に。ビビるワイパーにもう慣れてきた・・? いや、慣れない。スッキリしないヨ〜。危ないし。

ネットでいろいろ検索してみると「アウディのワイパーはビビりやすい」というような記事や投稿も見かけるが、そんなこと知らんわー!「輸入車のワイパーは圧が強いからビビる」、、そうなんー?今まで乗ったアルファも、昔のアウディも、シトロエンも、フォードも、ベンツも、フォルクスワーゲンも、ついこの前まで乗ってたアウディA5も全くビビらなかったけどね(ワイパーが新しい時)。

まあ、昔と今とでは違うのかもね。ということは純正の新品に替えてもビビるのね、と諦め。本当は純正が大好きなのだが、遂に量販店のアフターマーケット品に交換。信頼のガラコワイパーを装着。いいじゃない、一発でビビりが治まりました。満足。しばらく、様子見ですが。

(今回はコロナのストレスもあり、ほぼ愚痴。すいません。)

 

交換したガラコワイパーとアダプター(メンテメモ)

 

使わなかったアダプター(全部で5種類入ってます)

*一番ちっこいのがバナゴンと同じだな

 

現物を見てから買いたかったので今回は某ショップに行って買いましたが、2本で8,000円!!(高い!ソフト99の公式サイトより高い!!)まあ、ディーラーで交換するよりは安いんだろうけど、純正じゃないからね。と思ったら、ネットの方が全然安いじゃないか。6掛けくらいだね。あぁ、実店舗で買って失敗なのか。本当はお店で買うのが好きなのにね〜。次回は楽天で買いますかね。

ガラコワイパーパワー撥水輸入車用ブレード 【PY-14】 長さ:650mm

ガラコワイパーパワー撥水輸入車用ブレード 【PY-7】 長さ:450mm

 

明日も在宅でテレワーク(泣)

それにしても純正は「圧」が強そうなアーチ角度だね。弓なりだw

img_0659

 

そろそろタイミングベルトを

前回の交換記録を見ると6年前、89,900kmとなっていた。まだ5万kmほどの走行だけど、念には念を入れて早めの交換を心がけたい。前回は交換パーツを自分で集めるということを考えもしなかったが、今回は事前準備から楽しみたいので、集められるモノは自分で揃えてみよう。
前回の交換記録>>タイミングベルト交換。4/12メンテメモ

この日のメモを読み返すと必要なパーツは以下の通り。今回はクランクプーリーを交換、もしくはそのシールも交換したいが適合パーツを間違えないようにしなくては。さて、どうなりますか。いつ実行できるかな。いくらかかるかな。(前回は全部で10万円コース)

<前回のパーツ>

  • タイミングベルト
  • テンションナープーリー
  • リレーローラー  ※これがACU前期なので1つ余分に付いてる。。
  • ウォーターポンプ
  • クーラント新品 *これは先週交換
  • オイル交換  *ちょうど交換のタイミングくらいかな。

 

エンンジン下にややオイルが染みているところも直したいな。。