プチ・カスタムから始めよう

やっと暖かくなってきたかな〜と思っていたら、また天気の悪い日が続いてますね。でも、その合間を縫ってバイクを少しずつカスタムしていきたいなと計画中。まずは、先日、ホイールやらエンジンやらを黒く塗装をしてみましたが、次はいくつかパーツの取り付け。あんまり派手派手しくは飾り付けたくないので、あくまでもちょこっとだけやるつもり。でも、フォークブーツは前々から付けたいと思っていたので実行に移す。少し重いモノも持てるようになってきたので、何とかなるでしょう。

というのもフォークブーツ、いろいろなサイトやブログを拝見していると「簡易(簡単?)取付」として、ブーツを割って(あるいは最初から割ってあるモノもあるみたい)、取り付けてから接着剤で繋げる、、という方式があるみたいです。でも、やはり強度に心配があるので、オーソドックスにフロントフォークを外して、筒状のまま履かせることにしました。(少々、力仕事になります)

バイクのフロントフォークを外すのは初めてですが、参考にさせていいただいたブログを見る限り、ジャッキアップさえ上手くできればなんとかなりそう。。ジャッキは自動車用のモノを代用しました。エンジンのセンターを油圧ジャッキで上げておいて、フレームにジャッキスタンドを2個追加して支えます。このままだと前輪が上がらないので、三点倒立が安定している状態で、再度油圧ジャッキで前輪を上げていきます。なんとか作業できる状態になりました。あとは、キャリパー、メーターケーブルなどから順番に外していき、前輪を完全に取り外し、最後にフォークを抜きます。私は1本ずつ抜きましたが、フォークの向きがズレないようにフェンダと一体化させたまま、2本同時に抜いてもいいかもです。(私はただ今筋力に自信がないのでひとつずつ)


ここまでくれば、あとはフォークにブーツを履かせ、逆の手順で戻していくだけ。バナちゃんの整備と比べると、さほど苦労する部分は無かったかな。フォークの向き調整が難しかったのと、前輪の取り付けの時はちょっと力が必要でした。(この時だけヘルプの人がいるともっと楽でしょう)

今回大変参考にさせていただいたブログ(感謝!)
>DARADARA.site :「自分でできるフォークブーツの取付方法!面倒だけどちゃんと付けた方がいいよ」

フェンダーのボルトを少し締めすぎたかな?(もともとひび割れがあり、ひびが少し広がってしまった)と悔やみますが、もう一度前輪を外す体力的余裕はないので、まあよいか。そのうち新しいフェンダーでも探しましょう。

おまけに、ずっと使ってなかった米軍払い下げのポーチ(これはたしか岩国基地前で買ったのかな・・)があったので、ショルダー部分を取り外し、いったん針金で括りつける。まあまあ良い感じ。でも植木用の針金もなんなんで(取り外しも面倒だし)、そのうちカラビナ留めにでも変更しましょうか。


追記
慣らし運転がてら、三浦海岸方面へリハビリ・ツーリング。大好きな海辺のカフェにて、美味しいパスタランチをいただきました。100kmくらい走って、タイヤにガタもなかったし、今回のプチ・カスタムは85点!サイドバッグ無い方がいいかもな〜w

<メンテメモ> *今回購入したモノ(Amazon)
フロントフォークブーツ 206-014 ¥2,256

オイル交換も実施(10,257km)
エンジンオイル(Honda G1) 5W-30 ¥1,073
Oリング 70-967-31050 ¥239
廃油処理箱 ¥464
オイルジョッキ 2L ¥1,136

Beachend Cafe
〒238-0102 神奈川県三浦市南下浦町菊名1089-18

そろそろバイクも復活を

腰を負傷してから早8ヶ月。まだまだ治療は継続中で、秋には背中のボルトを抜く手術も待っていますが、暖かくなってきたので、そろそろバイクも復活させたいところ・・。でも、先日少し近所を走ってみましたが、まだまだ背中が痛いのと(たぶんこれはボルトを抜くまで治らない)、腕と足の筋力がかなり落ちてるな〜が感想。じっくり、焦らず戻して行くしかないですね。

とはいえ、なんでもいいのでバイクを触っていたく、庭先に引っ張りだして、あまり力の要らない作業をやることに。今回はホイールとエンジンを黒に塗ることにしました。走りには全く関係ないですね。でもいいのですw

ホイールはホームセンターで買った格安のスプレーでマスキングなしの一発勝負。エンジンはオイルキャップとオイル容量のシールだけはマスキング、一応簡単な下地処理とプライマーは塗って、飛散防止用に段ボールを1枚持ちながら耐熱のつやなし黒を塗っていきます。

途中雨が降ってきてましたが、逆にそのおかげで塗り過ぎず、乾くのを待って次の作業に入れるので、ここまではまあまあ良い感じに仕上がりました。あとは冷却フィン部分は紙やすりで削ろうかな?このままがかっこいいかな?。

やりたいことはまだまだあるのだけれど、体力が復活してからにしましょう。その前に、少しずつ慣らし運転を始めなければ。

今回使用した耐熱スプレー(Amazonで購入)

追記
コンビニの「沖縄フェア」に行って来てと家族から要望があったので、そのコンビニと、別なコンビニとスーパーにも寄って、今宵は沖縄めし大会でもやろうっかな。

オーニングのエンドキャップカバー紛失

普段から毎度チェックしている訳ではないので、いつ?どこで?無くなったのかはわかりません。気づいたら無かったです。まあ、無くてもあまり困らないような気もするのですが、ちょっとカッコ悪いですね。経年の変色度合いがあるので、できれば中古のエンドキャップカバーを見つけたかったのですが、ダメでした。結局、新品での購入です。たしか数年前にも一度購入したことがあるので、ブログの履歴を辿りました、、、お値段が倍くらいになっていました。何の影響でしょう、まあ10年近くも経っているようですから仕方のないことですね。逆にまだ在庫があって良かった。新旧の色の差も然程目立ちません。

過去ブログより> そういえば、サイドオーニングも修理。

<メンテメモ> 前回はオグショーさんで直に、今回は楽天経由で購入
(今回)
FIAMMA サイドオーニング F45 Plus エンドキャップカバー 左
純正品番:274-1-
品番:OSE-02740-01   
販売価格(税込) 2,860 円 × 1 = 2,860 円
送料(税込)  660 円
合計金額 3,520円
FIAMMA フィアマ サイドオーニング F45 Plus エンドキャップカバー 左(楽天)

(前回)*2013年12月購入
FIAMMA サイドオーニング F45 Plus ウィンチカバー右
(純正品番:02741-01)(OSE-02741-01)
 価格 1,291(円) × 1(個) = 1,291(円)
———-
FIAMMA サイドオーニング F45 Plus エンドキャップカバー 左
(純正品番:02740-01)(OSE-02740-01)
 価格 1,291(円) × 1(個) = 1,291(円)
———-
FIAMMA サイドオーニング F45i、F45Plus ストップデバイス 右
(純正品番:03308-01)(OSE-03308-01)
 価格 7,297(円) × 1(個) = 7,297(円)
*これはサイズが合わなかったのでご注意を!

過去ブログ> サイズがちゃいまんがな。
———-
小計                9,879(円)
送料(税込)           735(円)
ポイント利用  △300(円)
—————————————————
注文金額合計   10,314(円)

また、ついでにポップアップルーフのクッションも張り替えました。これでミシミシと音が鳴るのが直るといいのですけどね。クッションテープはホームセンターで900円くらいでした。ポップアップルーフを持ち上げるのに腰がまだまだ痛い。

10ヶ月で2,000kmちょっと

3連休にスキー旅行が控えているので、仕事をお休みして、久しぶりにT4まいすたぁさんへ行ってきました。目的は、昨年末の車検時に出来なかった下回りの点検と塗装、それとオイル交換です。前回のオイル交換から、なんと2,000kmちょっとしかバナちゃんに乗れてないけど、約10ヶ月も経ちますから念には念を入れて。オイルエレメントは、安い時に楽天で買い置きしておいたものを持ち込みです。

まだまだ手術した腰が悪く、屈んだり、重いものを持ち上げたりできないので、当日はリフトスペースを予約しておきました。やっぱり、この方が楽チンです。朝一番の到着後、エンジンオイルが冷めるまでの間に、下回りを点検し、モノタロウ産のシャーシブラックと耐熱シルバーをグイグイ塗っていきます。金属ブラシでサビ部分を丁寧に落としてから塗装をしていきますが、2年でずいぶんとサビは溜まるものです。コロナ用のマスクのまま塗装しましたが、やはりちゃんとした塗装用マスクが必要でしたね。持ってたのに。。ちょっと喉が痛くなりました。

今回、特に念入りにチェックしたかったのは、マフラーのつなぎ目部分と足回り。スキーの後には毎回除雪剤などをきちんと水道で洗い流しているつもりですが、下を覗き込むような姿勢をしばらく出来ないこともあって気になってました。でも、十分に満足いく処置ができた気がします。

オイル交換も今回やっておいて良かったです。走行距離はほとんど延びてないですが、かなり汚れていました。古い車ですから、その辺りは気にかけてあげた方がやはりいいなと、あらためて。

さて、またまた自分は滑ることは出来ないスキー旅行ですが(運転手さんのみ)、家族の楽しげな顔を見られるだけで十分。週末は、バナちゃんで2泊3日の旅に行ってきます。雪はあるかな・・。

追記)
アンダーカバーとATFのオイルパンがなぜか擦れたような形跡あり。時間は経ってますがエンジンマウントも交換済みなので、エンジンが下がって来ている気もしないのですが、少し調整をして様子を見てみます。

点検時走行距離:142,107km

インパクトレンチでなんとか。

昨年負傷した腰椎の回復はまだまだ時間がかかりそうで、運動不足が続く毎日。なんとか体重の維持はできているものの、思い通りに身体が動かせないのは辛いものです。ゴルフはしばらく絶望的、スキーも今シーズンは無理そうだな・・。走ることもとてもできそうにない。。

そんな状況のため、バナちゃんにもほとんど乗れてないのですが、以前よりは少し重いものも持てるようにもなってきました。そこで、来月あたりに家族をスキーに連れていってあげようと冬タイヤ交換に挑みます(私は運転手さんのみ)。タイヤは転がしていけば、腰に力を入れて持ち上げるのは一瞬で済みますので。ただ、ボルトを外す作業などは、グッと背筋に力が入りそうで、あらたに「インパクトレンチ」を購入しました。あると便利だな〜とは前々から思ってはいましたが、まあ無くてもいいのかな、、と。でも、今回は必須だと。

インパクトレンチ、これは意外と(当たり前か)便利でした。腰への負担を大幅に和らげてくれます。プロが使うようないいモノはさすがに買えなかったですが、ネットでいろいろ吟味して、値段と性能のバランスが良さそうな大陸製と思われる逸品を購入しました。実際に使うまでは、通常の乗用車よりもかなり高いトルクで締めてあるバナちゃんのボルトを外せるかな?と心配でしたが、全く問題なかったです。買ってよかった。

<今回購入したインパクトレンチ>
電動インパクトレンチ 20V ブラシレスモーター 最大トルク550N.m(Amazon)

試運転がてら、神奈川県最大?の長津田のビバホームまで往復約50kmをドライブ。寒冷地用のウォッチャー液4本と、油圧ジャッキ用の補充オイル、オイル添加剤を購入しました。今回入れたオイル添加剤の効果はまだ不明ですが、少しバナちゃんと戯れられて楽しかった。

昨年取り付けたミラー型ドライブレコーダーは、元のルームミラーの上から付けると野暮ったいのと、横からはみ出すカメラが嫌だったので、ガラス面に直接取り付けてましたが、時間が経つと落下・・。何度かやり直した後にゴリラテープに変えて、なんとか落ちないようになりかなり快適です。

そろそろバナちゃんも長距離を走らせてあげないとな〜。

ドラレコ取付時の投稿はコチラ(まだルームミラーに被せた状態)
「遂にドラレコに手を出す」(2021.2.21)

<メンテメモ>
オイル添加剤 140,800km
KURE(呉工業) オイルシステム 多走行車用 (Amazon)

点火プラグ交換と整理

ケガからの回復はまだまだかかりそうです。コルセットを巻き巻きのまま、プラグ交換に挑みます。今回用意したのはNGK製の一般プラグ「BUR5ET(3377)」。これまでに抵抗なし(BP6ET)と抵抗あり、両方買ってみましたが大きな差はわからず。今回は抵抗ありのBUR5ETにしました。イリジウムも試してみたいけど、次回かな。

>過去の「プラグ交換」はこちら

それはそうと、この抵抗「あり」「なし」を付けたり外したりして試したおかげで、結局のところ今のプラグは何km使ったんだろう〜?とふと疑問に。過去のメンテメモを見直して整理をしておきます。

・2013年10月 走行距離85,359km時点 (NGK BUR5ET新品交換)
・2018年2月 走行距離115,000km時点 (NGK BP6ET新品交換)
・2018年7月 走行距離121,400km時点 (NGK BUR5ETに戻す)
・2019年6月 走行距離129,366km時点 (NGK BP6ETに戻す)
・2021年10月 走行距離140,428km時点 (NGK BUR5ET新品交換)

初回より前のプラグ交換は不明ですが、元々のプラグはかなり真っ黒に焼けていたのを覚えています。それ以降は、プラグの焼けに問題は無さそうに見えるけど・・。いずれにしても、上記を計算してみた各プラグの走行距離は以下の通り。(写真左が最初から付いていたプラグ、現状プラグは真ん中。右は新品プラグ)

BUR5ET:29,641km+7,966km=37,607km
BP6ET:6,400km+11,062km=17,462km

結果、今の抵抗なし(BP6ET)は、まだ2万km弱なので許容範囲な気もしますが、回転数高めで高速を走ることが多い我が家のバナちゃんは10,000〜15,000kmで換えてももいい気がしています。(一般プラグの場合)

<10/3 メンテメモ >
プラグ交換 走行距離140,428km時点(NGK BUR5ET)
@637円×5本=3,185円
送料 550円 計 3,735円(モノタロウ)
*締め付けトルク:25N・m

30番リレー予防交換 1,230円
(オイルフィルター 1,680円は保管)
送料 750円
計 3,660円

>GAKUYAさんのページに「点火プラグの交換方法」が紹介されてました。復習をしっかりして挑みました。

5度目の車検は。

2013年にバナちゃんが我が家に来て、はや8年が経ちました。車検も今回で5度目となります。18歳でウチに来た「愛息」はもう26歳、う〜ん頑張ってますね。でも、今回はやや問題あり・・。

といっても、問題があるのはバナちゃんではなく、私の方。先月末に大きなケガをして半月入院。手術後、少し早めに退院をさせてもらったものの、基本的にはまだ自宅療養が中心。杖とコルセットに頼る毎日です。順調に回復?をしているとは信じてますが、歩きはまだまだ不自由なまま。クルマに乗ればなんとか移動はできる程度です。そんな中の車検なので、これまではとはやや勝手が違いそう。

まあ、とはいえ、車検は人を見ているのではなく、クルマを診るものなので、そんなに気後れすることもないのかな。ということで、身体に無理がない範囲で、無理なら途中でやめることも想定しつつ、陸運局に行ってきました。

予備検は、毎度お世話になっている車検場近くの栄和自動車さん。港北インター出口からの導線が変わっていて少し迷いましたが、この段階ではもう焦ることなどはなく、他のみなさんの流れを断つこともなし。自賠責保険料が年々値下がっているのは知ってましたけど、私も恩恵を受けました。また結構安くなりましたね。自賠責が下がるというのは、お財布にもありがたいですが、自賠責が拠出する保険料が少なくなった、つまり人身に関わるような事故(保障)が減っているということのはずなので、世の中的にいいことですね。安全第一です。

車検はラウンド4を予約してましたが(受付14時〜、検査14時半〜)、歩くのが不自由なので少し早めに到着して準備開始。申請用紙などをいただき、検査手数料、自動車重量税などをつつがなく支払い、継続車検の受付窓口へ。申請書類と共にここ1年以内の検査・修理項目を記載しておいた点検整備記録簿も併せて提出(毎度出してます)。杖つきだからか?、みなさんに優しく対応していただき、無事検査レーンに並びます。

検査レーンは安定の一番右へ。(神奈川運輸支局でのユーザー車検はこのレーンが推奨とのこと)14時半の検査開始を待ちます。この日は割と空いていた気がしますが、なかなか楽しいクルマたちにも出会えました。余談ですが、ロータスヨーロッパ、エリーゼ、ポルシェ356ハードトップ、SLパゴタ、フェラーリ356、ディアブロ?、バイクだけどZ2や750FXも居たかな。これは毎度、車検レーンの待ち時間の楽しみでもあります。

閑話休題。T4まいすたぁさんでお世話になりながら定期的に予防メンテも続けているお陰で、検査は順調に進みました。でも、我がバナちゃんは毎度フットブレーキが課題。後輪がドラムなので最新車のような訳には行かないのは理解済みですが、今回は目一杯ブレーキを踏むことができず(手術跡がめちゃ痛みます)、ここだけはヒヤヒヤしました。でも、まあなんとか一発合格。無事に車検を通すことができました。

完了後、車検証をいただきつつも、「点検整備記録簿なし」と記載されていたので、???となりましたが(記録簿提出してOKと言われたのに)、もう疲れすぎてそのままにしました。またすぐに予防の点検整備もするつもりなので、まあ良いかと。これは自分のため、周りに迷惑をかけないためですからね。

ということで、私的にはこれまでにはない、ちょっと大変な車検でしたが、なんとか後2年はバナちゃんに乗ることができそうです。運輸支局の方、日頃のメンテなどを含め、多くのみなさまにお世話になって、我がバナゴンライフが成立しています。ありがとうございます!接近中の台風が過ぎて、私の体調も良ければ、取り寄せておいた点火プラグや30番リレーの交換もしたいと思います。あと、たぶん少し先になりますけど、フットブレーキももう少し強化できないかな〜と考えている今日この頃です。
*ちなみに、既存の古いルームミラーは完全に取り外し、ミラー型ドラレコをダイレクトに取り付けていますが(被せてつけると野暮ったい)、ルームミラーはあくまでも補助的なモノなので車検では今のところ、問題ないようです。(取付に関する規定はあります)

*過去の車検記録などは、サイト内検索「車検」でご確認ください。

<2021年車検費用まとめ> *メンテメモ

予備検代 2,000円
自賠責保険料 22,450円
自動車重量税 37,800円
検査手数料(印紙代) 1,800円

合計 64,050円

<メンテ準備パーツ>
30番リレー 1,230円
オイルフィルター 1,680円
送料 750円
計 3,660円

点火プラグ(BUR5ET 3377)
@637円×5本=3,185円
送料 550円
計 3,735円

合計 7,395円

*税込、後日交換予定

メンテメモまとめ(5回目)

思わぬケガでしばらく療養しており、バナちゃんにもバイクにも乗れない日々が続いています。でも、そろそろ車検満了日も近いので、準備の整理を兼ねて、少し早めの「5回目のメンテメモまとめ」(年いち整理)を綴ります。やっぱり、コロナ禍の影響もあり、バナちゃんの走行距離もあまり伸びてないな…って感じです。そろそろ、いろいろな所へ行けるようになるといいなと、願ってます。コロナも、身体も。(2021年9月25日現在 140,162km)

*過去分に追加

<2013年6月>
・バキューム(負圧)ホース交換
・ヘッドライト光軸調整パーツ交換
・イグニッションコイル交換
・エアフィルター
・タイヤ&アルミホイール新調
・外気フィルター
・ラジエーターグリルゴム
・後輪のドラムブレーキ塗装
 *(おまけ)前輪のボルトが1本抜け落ち新品購入

<2013年7月>
・ブレーキロータ交換(フロント)
・キャリパークリーニング
・ブレーキエア抜き、フルード交換
・ドアスピーカー(ウーハー)&ダッシュボードスピーカー新調
・ウィンドウフィルム(サイドはDIY、バックはプロ施工)
・オイル&エレメント交換

<2013年8月>
・サス交換(ゴムブッシュ含む) *ビルシュタイン B46 ガス封入式
・ルーフトップのキャンパス交換
・エアコンのファンレジスター交換
・ウィンカー(フロントのみ)交換 *スモーク

<2013年10月>
・ミッションマウント交換

*以下は車検業者さんに依頼しての作業
・プラグ交換
・インジケータバルブ交換
・ワーニングタイムリレー

<2013年11月>
・ラジエーターリレー交換
・オイルクーラーシール
・クーラント追加(1L) *この頃から徐々にクーラント漏れが・・
・ホースバンド

<2013年12月>
・オーニングのストップデバイス交換 *サイズ合わず加工
・スタッドレスタイヤ購入
・ヘッドライトをHID化
・サイクルキャリア装着

<2014年1月>
・ギャレーのコンロを「カセットボンベ化」

<2014年4月>
・タイミングベルト交換
・テンションナープーリー交換
・リレーローラー交換
・ウォーターポンプ交換
・クーラント入れ替え
・オイル交換
・スライドドア交換  *ただし、窓の開閉機能が無くなる

<2014年11月>
・ギャレーのシンクの水漏れ修理

<2014年12月>
・排水タンクをDIY
・オイル&エレメント交換

<2015年1月>
・エンジンマウント交換

<2015年7月>
・ラジエーターファンのヒューズ交換(新調)
・シガライターソケット交換 *後々、トラブルに発展w

<2015年8月>
・エアコンのガス注入

<2015年9月>
・オイルプレッシャーのパーツ交換
・オイル交換
・ライセンスプレートのバルブ交換

<2016年10月>
・メーターバルブ切れ(交換)
・センターマフラー&サードマフラー交換

<2016年12月>
・ATF&フィルターガスケット交換

<2017年1月>
・地デジアンテナ取り付け
・ギャレーの収納ドアを上下に分割
・シフトノブ交換
・ルーフキャリア&ボックス取り付け

<2017年2月>
・オイル&エレメント交換
・フォグランプ装着 *ただし未結線

<2017年4月>
・30番リレー交換 *あまり意味はわかってない

<2017年5月>
・クーラントホース漏れ改善(リアヒーターの導線をバイパス)

<2017年6月>
・ステアリング交換 *ヤフオク
・デスビキャップ&ローターアーム交換
・プラグコード新調

<2017年8月>
・サブバッテリー交換(2個)  *一度充電実施

<2017年9月>
・ブレーキフルード交換
・ホイルシリンダー
・ワイパーゴム交換(リヤはフロントのお古)

<2018年2月>
・クーラント漏れ(再)修理 *フランジ交換
・プラグ交換 走行距離115,000km時点 (NGK BP6ETに)

<2018年3月>
・エンジンオイル交換(エレメント交換)
・デフオイル交換
・パワステフルード交換
・トーションバー調整(車高の傾斜調整)

<2018年4月>
・夏タイヤ新調(BFGoodrich P215/70R15 97S RWL)

<2018年6月>
・エアークリーナー(フィルター)交換

<2018年7月>
・アッパーボールジョイントアーム(アッセンブリー)交換 *左前
・エアコンガス注入(1本)
・ワイパーゴム交換(フロント&リヤ共にブレードも交換)
・プラグ交換 走行距離121,400km時点 (NGK BUR5ETに戻す)
・エンジンオイル交換(エレメント交換なし)

<2018年9月>
・イグニッションコイル交換 (交換時:123,750km)
・給水タンク掃除(フロートによる残量表示が上手く反応せず)

<2018年10月>
・オイル&エレメント交換 (124,626km)
・燃料フィルター交換
・ステアリングコラムカバー(下側のみ)
・ステアリング交換 (momo) *OLYMPIC III LEATHER/WOOD MAHOGANY
・アイドリングバルブ交換
・メーターパネルのハイビーム表示バルブ交換

<2019年1月>
・オイルプレッシャースイッチ交換(青・白)
・スタッドレスタイヤ新調

<2019年2月>
・イグニッションコイル (交換時:126,820km)

<2019年4月>
・エンジンオイル 1L追加
・メタライザー軽ワザ (パワーステアリング修復剤)注入

<2019年6月>
・燃料ポンプ交換
・燃料ポンプリレー交換(167番)
・オイル交換 10-40W (129,366km) *エレメント交換なし
・デスビキャップ&ローター交換
・パルスセンサー交換(新品を買ったが適合せず、中古品を再購入)
・メタライザーEX(金属表面修復剤)注入 (走行距離129,440km辺り)
・バッテリー交換 *BOSCH PSIN-7C
・プラグ交換(NGK BP6ETに戻す)

<2019年7月>
・夏タイヤ用のホイールを黒に塗装

<2019年8月>
・「サビ塗装」をヤメる。サビ塗装部分と「サビ」部分を補修して塗装

<2019年9月>
・30番リレー交換 *純正品

<2019年10月>
・サブバッテリーの配線変更

<2019年11月>
・オルタネータのリビルト(ベアリング交換)
・リブベルト交換
・ワイパーブレード交換(前後)

<2020年2月>
・サーモスタッド交換
・クーラント交換
・空調フラップ貼り直し

<2020年5月>
・後部スピーカーボックスの補修

<2020年9月>
・バッテリーあがり(室内灯消し忘れ)
 *以前のバッテリーを戻して再充電する 
  BOSCH PSI-7G(戻し)、BOSCH PSIN-7C(再充電して保管)

<2020年11月> 133,246km時点
・タイミングベルト交換(124山)
・テンションプーリー交換
・リレーローラー交換
・ウォーターポンプ交換(18山)
・クランクプーリー・オイルシール交換 *オイル滲み対策
・クランクプーリー用6角ボルト交換(4本)
・リブベルト・アイドラローラー交換
・エンジンオイル交換(10-40W)
・オイルフィルター(エレメント)交換
・クーラント交換(緑)
・スライドドア・ダンパー交換

・リアゲートダンパー交換(2本) 11/28追記

<2020年12月>
・ナビ用モニターをダッシュボード設置
・後部座席にオットマン(置くだけ)
・コンプレッサー交換(エアコンガス注入)
・フロントワイパー・ブレード交換

<2021年2月>
・ワイパーリンクロッド外れ(ボルト締め直し・調整)
・ウィンカーリレー交換
・ドライブレコーダー取付(ミラー型)
・エアークリーナー交換

<2021年3月>
・リヤワイパー・ブレード交換

<2021年4月>
・オーニングの破損箇所の修理(縫製)

<2021年5月> 走行距離:139,814km
・右前ボールジョイント交換(アッパー&ロア)
・エンジンオイル交換(10-40W)

FTR223納車!

新しい仲間となる「FTR223」が納車となりました。

生産は既に中止となっている古いバイクのため、納車前点検をきっちりとお願いしたので「いつ納車なのか?」はハッキリとしないままでした。(急がないのでよく診て欲しいと依頼)「仕上がったら連絡をもらう」程度の緩い納期でOK!としておきました。そして、その連絡が土曜日の朝に来ました。

でも、登録証は前日に送っていただいていたけど、終日不在だったため任意保険の手続きはまだ。当日からは乗り始められないから、翌日以降に引き取りに行くことは決定。

加えて、私にとって20年以上ぶりのマニュアル車なので、いきなり高速で帰って来られるかな?とか、海に近いショップさんなので、そもそも日曜日は道が混んでないかな・・平日まで待つかな、などなど。いろいろ不安はあったものの、やっぱり早く乗りたいので日曜日に取りに行くことに。数ヶ月ぶりにバス&電車を乗り継いでショップさんに向かいます。

残金を支払い、引き渡しを受けた後、ショップさん裏のあぜ道で少し練習(というか勘所がまだあるか確認)。まあ、行けるでしょう〜ということで乗り出しました。うん、気持ちいい!馬力はそんなに無いけど、望んでいたフィーリングです。スタイルもいい!

お約束の「海バック」で数枚写真を撮り、梅雨明けで気温もかなり高いので、軟弱さが勝ち、早めに自宅方面を目指すw。まだまだ高速走行などには怖さがあるが、楽しい仲間になってくれそうな予感です。できれば、少しづつ弄ってもいきたいけど、まずは小さいステッカーだけ貼っておきました。オールペンされたタンクは無地で寂しかったので、少し雰囲気がよくなりましたかね。ついでに、サイドカバーもとりあえず外してしまおうか。

さあ、オリンピックも始まるが、バイクと過ごす連休も楽しみだ!(バナちゃんに入るかな・・・)